スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムラサ(妖怪)について。

  • 2012/08/04(土) 22:44:07

 久しぶりの更新です。

 妖怪のムラサについて、色々とわかってきたので、こちらで詳しい報告をば。

 ムラサは村上健司『妖怪事典』によると、


 島根県隠岐郡都万村でいう海上の怪異。この地方では夜光虫の光る潮のことをニガシオというが、その中に時折丸く固まってボーッと光っているものがある。ここに船が乗り掛かると、パッと散ってしまう。
 また、暗夜に突然海が明るくなってチカッと光ることがある。これはムラサという化け物に憑かれたのだという。こういう時は、刀か包丁を竿の先につけて、艪の海面を左右に数回切るとよいと伝わる。
『沿海手帖』「島根県隠岐郡都万村」大島正隆
『綜合日本民俗語彙』民俗学研究所編


とあります。

 『綜合日本民俗語彙』によると、


 隠岐の都万村でいう海の怪。ニガシオ(夜光蟲の光る潮)の中で、ときどきまんまるくかたまつてぼーっと光つているものがある
 それへ船を乗りかけるとぱつと散る。暗夜に突然海が明るくなりチカッとする。これはムラサという魔物につけられたのだという。そういうときは、刀か包丁を竿の先につけて艪の海面を数回切るとよい(沿海手帖)
(※原文ママ)


とあります。

 文章から、『妖怪事典』は『綜合日本民俗語彙』を参考にしたのだろうと推測できます。

 では、おそらく原典であろう大島正隆の『沿海手帖』ですが、これは本来はフィールドワークをする際の質問などをまとめ、自分で内容を書き込むメモ帳であったようです。

 これを大島正隆が隠岐郡都万村におけるフィールドワークの時に使用し、その報告が『綜合日本民俗語彙』に載ったものと考えられます。

 その大島正隆直筆のメモは、現在成城大学の民俗学研究所に保管されている「柳田文庫」にあり、写しが東北大学にあるそうです。

 以前、成城の民俗学研究所に問い合わせたところ、コピーしたものを閲覧することが出来ました。しかし、内容をネットなどで公開することは許可できないと念押しされていたので、その内容を報告できないでいました。

 しかし、全く別件(衣蛸という妖怪の調査)で柳田國男の『海村生活の研究』を読んでいたところ、大藤時彦の「海の怪異」という章において、『沿海手帖』のムラサごほぼそのままの状態で記載されているのを確認しました。


 隠岐にはムラサといつてニガシホ(夜光虫の光る潮)の中で時々まんまるく固つて光るものがある。それに舟を乗りかけるとパット散る。
 暗夜に一生懸命櫓を押してゐる時、突然グワーッと海が明るくなるからヂカッとする。これはムラサといふ魔物につけられたと云つてゐる(島根都萬村那久、油井)。
 ムラサにつけられると廻船などでも舟足が鈍つて進まない。そんな時には刀か包丁を竿の先につけて艪の海面を數囘左右に切るとよい(同津戸部落)。
(※原文ママ)


 大島正隆の報告とほぼ同一なので、彼のメモからの出典と思われます。

 『総合日本民俗語彙』などからは省かれた記述があるので、中々興味深いですね。

 ムラサの原典は中々確認できませんが、『海村生活の研究』は比較的容易に手に取ることができるので、気になった方は確認されてはいかがでしょうか。

鬼祟元帥の雑考ノート 其の1

  • 2012/01/22(日) 18:14:46

蠱毒大佐の相棒的存在、鬼祟元帥(キスイゲンスイ)。彼女は「各時代に描かれた妖怪を保管している」ということなので、画像系の妖怪に関する記事はこのようなタイトルでやっていこうかと思っております。ゲンスイバンザイ。

(蠱毒大佐、鬼祟元帥の詳細はコチラ。)
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=24249450

さて今回紹介するのは、知っている人は知っている、mixiアプリの『陰陽師~平安妖絵巻~』の妖怪カードについてです。

生放送でも度々紹介していますが、妙に元ネタが凝っている(中途半端に、ではあるが)ことで有名?なモバイルアプリですが、その中の一部が伝承のない、画像系の(もしくは絵のみで名前の伝わっていない)妖怪であることがわかったので、この場に記しておきます。



①化けぞうり(バケゾウリ)
化けぞうり

藁の手足を持つ草履の妖怪。
藁の甲冑を身にまとい、トカゲ状の馬にまたがり、疾風の如く駆け抜けると云う。
http://wikiwiki.jp/heian/?%B2%BD%A4%B1%A4%BE%A4%A6%A4%EA


草履が化ける、というのポピュラーな話ですが、こいつの元ネタは『百鬼夜行絵巻』であるようです。

U426_nichibunken_0154_0078_0000.jpg

http://www.nichibun.ac.jp/YoukaiGazouCard/U426_nichibunken_0154_0078_0000.html

アプリの図鑑の解説は、湯本豪一氏の『百鬼夜行絵巻 妖怪たちが騒ぎだす』を参考にしている(もしくは、ウィキペディアの『化け草履』の項目を参考にしている)ものと思われます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%96%E3%81%91%E8%8D%89%E5%B1%A5



②鳥甲(トリカブト)
61272483_188[1]

雅楽装束の甲が化けたもの。
空を飛び人々を驚かせる。
http://wikiwiki.jp/heian/?%C4%BB%B9%C3


こちらも同じ、『百鬼夜行絵巻』を元ネタとしているようです。

U426_nichibunken_0054_0004_0002.jpg
(クリックで拡大)

http://www.nichibun.ac.jp/YoukaiGazouCard/U426_nichibunken_0054_0004_0002.html



③箕鳥(マスドリ)
securedownload.gif

箕のような翼や尾を持つ化け物。
霧を呼び起こし、手に持つ瓶で農家の作物を盗み取るという滑稽な性格を持つ。
http://wikiwiki.jp/heian/?%CC%A7%C4%BB


箕と書いて何故かマスと読ませる。こちらは『妖怪絵巻』が元ネタかと思われます。

U426_nichibunken_0154_0011_0000.jpg

http://www.nichibun.ac.jp/YoukaiGazouCard/U426_nichibunken_0154_0011_0000.html



④葛籠蛙
60237770_36[1]

古い葛籠がカエルに化けた物。
物を大切にしない人間を追い回すと言われている。
http://wikiwiki.jp/heian/?%B3%EB%E4%C6%B3%BF

(アプリ内では、センポクカンポクが色違いとして再利用されていたりします・・・。)
こちらは画像、というよりも名前、解説の元ネタを『稲生物怪絵巻』から持ってきているようです。

i_712.jpg

平凡社の『別冊太陽 日本の妖怪』には、
「夜に押入れから大ヒキガエルが飛び出し平太郎の胸にのったが胸に組紐が結んであったので、つづらの化けたものと知れた。」
という解説がなされています。



今のところわかっているのはこれぐらいです。また新しい情報が入ったら、ブログで紹介しようと思います。

ではでは。


参考文献
『怪異・妖怪画像データベース』 http://www.nichibun.ac.jp/YoukaiGazou/index.html
『陰陽師~平安妖絵巻~ Wiki』 http://wikiwiki.jp/heian/
『稲生物怪録の30日』 http://www.m--m.jp/ami/i_30days.htm
『別冊太陽 日本の妖怪』 平凡社

夏休み 遠野探訪記録 その参

  • 2011/12/26(月) 21:42:24

その参です。


爽やかな夏晴れの風景が続きます。
IMG_2178s.jpg

IMG_2180s.jpg

IMG_2182s.jpg

IMG_2183s.jpg

IMG_2188s.jpg
遠野市のマスコットキャラ「カリンちゃん」は何故緑なのかと小一時間ほど・・・。

IMG_2190s.jpg



諏訪神社。
IMG_2194s.jpg

IMG_2193s.jpg

IMG_2199s.jpg

IMG_2201s.jpg
乳神の石。

IMG_2204s.jpg
諏訪神社の隣、清心尼公の墓。

IMG_2205s.jpg

IMG_2206s.jpg

IMG_2207s.jpg




IMG_2209s.jpg
これは一体・・・?民家にしては小さいが・・・。

IMG_2210s.jpg
ま、まさかトイレ・・・?!

IMG_2211s.jpg
ゴミ捨て場でした。生放送でさんざんネタにされました。

  _,,,;;;;;;,,,_
/ ___ \
┠╂┬╂┨
┣┫│┣┫
┗┻┷┻┛


もう一つのカッパ淵、太郎渕。
IMG_2217s.jpg

IMG_2218s.jpg
エロガッパだからあまり注目されんのか・・・。

IMG_2219s.jpg

IMG_2220s.jpg

IMG_2221s.jpg
そこかしこに河童の影が・・・。




IMG_2231s.jpg

IMG_2232s.jpg



村兵稲荷神社。
IMG_2233s.jpg

IMG_2234s.jpg

IMG_2246s.jpg




IMG_2251s.jpg

IMG_2252s.jpg



寒戸の婆の碑。
IMG_2256s.jpg

IMG_2257s.jpg
もうこれしか残されていないのだよなあ・・・。




その四に続きます・・・。

夏休み 遠野探訪記録 その弐

  • 2011/12/26(月) 21:10:05

その弐です。



IMG_2116s.jpg
「リサイクルショップ・河童」・・・。

IMG_2117s.jpg
お前も緑色か!



遠野八幡宮。とにかく広いです。
IMG_2118s.jpg

IMG_2119s.jpg
火食いのゴンゲン様でも有名です。

IMG_2124s.jpg
ひっそりと立つ経塚。

IMG_2127s.jpg
追分けの碑

IMG_2128s.jpg

IMG_2129s.jpg
「右はおおつち 左ははやちね」

IMG_2132s.jpg
「五日市のキツネの関所」。ここを通る人々を狐が化かしたとか。



かの有名な「カッパ淵」です。
IMG_2139s.jpg

IMG_2141s.jpg

IMG_2142s.jpg

IMG_2143s.jpg

IMG_2144s.jpg
遠野のあちこちにあるこの手の標示は、なぜか大抵割れていました。

IMG_2145s.jpg

IMG_2146s.jpg
水が澄んでいて、とても静かでした。河童が出てきそうな雰囲気に溢れているので、河童がいそうな気分には浸れます。

IMG_2147s.jpg

IMG_2148s.jpg

IMG_2149s.jpg

IMG_2150s.jpg
「名人専用につき触らないでください まぶりっと」。この時は別の川の清掃に出掛けていて不在でした。残念。

IMG_2157s.jpg
常堅寺の「カッパ狛犬」。頭の皿には水ではなく小銭が。

IMG_2159s.jpg
やっぱり割れてる・・・。

IMG_2160s.jpg
用を足していたらトイレから河童の手が・・・! なんてことはない、ごく普通のトイレでした。



伝承園周辺。
IMG_2161s.jpg
交通安全・安全太郎。

IMG_2162s.jpg
「原木は秋田県田沢湖町産の樹齢三八〇年の楢の木です」。・・・?!

IMG_2163s.jpg
大佐柳田國男の協力者、佐々木喜善の胸像。

IMG_2166s.jpg
たくさんの願いがこもったオシラサマ。震災復興の願掛けが特に目立ちました。

IMG_2172s.jpg
釣りをしている河童(?)の木像。この手のよくわからん彫刻が結構ありました。

IMG_2173s.jpg

IMG_2175s.jpg
また緑色か!



その参に続きます・・・。

夏休み 遠野探訪記録 その壱

  • 2011/12/26(月) 20:34:05

えー、夏休みに遠野に行って来ました。今更ですが。


自動車免許の取得のため、二週間ほど遠野に行ってきたので、その合間を縫って色々見てきました。

その時の写真をずっと放置していたので、とにかく今年中に!と思って唐突に更新した次第です。

幾つかは生放送とかで紹介していますが、未公開の写真もあります。どうぞ。



まずは、遠野駅周辺。

IMG_2086s.jpg
遠野駅の置物。赤河童が釣りをしています。

IMG_2087s.jpg
ポストの上にも遠野河童。

IMG_2089s.jpg

IMG_2090s.jpg
遠野駅前で、僕と握手!

IMG_2091s.jpg
かなり怖い御面相。

IMG_2092s.jpg
『水木しげるの遠野物語』の顔抜き。

IMG_2094s.jpg
交番まで河童。



南部神社。

IMG_2095s.jpg

IMG_2096s.jpg
歴史感ゼロの、真新しい七福神。

IMG_2098s.jpg

IMG_2101s.jpg

IMG_2103s.jpg
有名な獅子踊りの銅像。

IMG_2104s.jpg
カッコイイ。

IMG_2105s.jpg

IMG_2106s.jpg



IMG_2107s.jpg

IMG_2108s.jpg

IMG_2109s.jpg

IMG_2111s.jpg
首なし地蔵。妖怪的だな、と思ったら・・・

IMG_2112s.jpg
どうも違うようで。

IMG_2114s.jpg



その弐に続きます・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。