スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蠱毒大佐の百怪蒐録・報告その10

  • 2015/06/22(月) 23:22:36

さて、遂に十回目となった百怪蒐録報告。これも皆様のお力添えあってのこと、大変感謝しております。
今回は、山形県や宮城県など、東北地方の話を頂きました。





【 名前 】:佐藤
【 呼称(カナ) 】:アメフリバンバ
【 呼称(漢字) 】:雨ふり婆
【 地域 】:山形県最上町
【 著者・執筆者 】:佐藤義則
【 資料名 】:羽前小国郷の伝承P37
【 概要 】:
雨を予知する不思議な力をもっていたという老婆で、大きなコウモリ傘をもってよく買い物に出かけ、そのときは決まって雨が降ったという。この老婆が亡くなり出棺の日はものすごい風雨で、今にも火車という魔物が現れそうな様子であり、後に雨の性の生れだったと仏おろしの口から聞いたという。


こぐろう一言:完全な妖怪ではなく、奇妙なご近所的な存在か。「仏おろし」は仏(死者)を降ろす、拝み屋的人物と思われる。



【 名前 】:佐藤
【 呼称(漢字) 】:山の爺様
【 地域 】:山形県最上町禿岳
【 著者・執筆者 】:佐藤義則
【 資料名 】:羽前小国郷の伝承P87
【 概要 】:
昔、禿山で大勢の木挽きが小屋の中で炉を囲んで鋸を研いでいると七、八十歳くらいの老爺が中を覗きこんでいた。その老爺は髪も髭も白く顔は赤くテラテラと光り木の皮や藤ツルで作ったものを身につけており、近くの研ぎたての大鋸を取り上げると歯だけポキポキと食べてしまった。その間、木挽きらは金縛りにかかったようになり、ふと我に返ると老爺の姿はなく、ただ大鳥が飛び立つような音が聞こえたという。天狗やヤマフトというものらしい。
(補足)村上健司氏の『妖怪事典』には『羽前小国郷の伝承』から引用した話が「山形県西置賜郡小国町」の話として載っているが、実際に本書を調べたところ、「山形県最上郡最上町(小国郷)」の話であることが分かりました。(既にご存じでしたらすみません。)


こぐろう一言:ヤマフト=山人?鋸の刃だけ食うとは極端な偏食である。



【 名前 】:佐藤
【 呼称(漢字) 】:はすりげぁ
【 地域 】:宮城県石巻市
【 著者・執筆者 】:辨天丸 孝
【 資料名 】:石之卷辯 語彙編
【 概要 】:
通り神のこと。「走り交ふ」の意か。突然に熱病になったのを「はすりげぁにあった」等という。


こぐろう一言:カゼ系も含まれる、通り神系統か。口に出すと何やら面白い名前である。はすりげぁ。



【 名前 】:佐藤
【 呼称(漢字) 】:ぼおがみ
【 地域 】:宮城県石巻市
【 著者・執筆者 】:辨天丸 孝
【 資料名 】:石之卷辯 語彙編
【 概要 】:
疫病神のこと。現在の窒扶斯(チフス)のことを「ぼお」と言った。三方辻などに俵端の上へ御幣を立てて赤飯の握り飯や小銭を乗せてあるのを置いて「ぼおがみ」を送った。


こぐろう一言:「ぼお」の語源が気になる所である。



【 名前 】:佐藤
【 呼称(カナ) 】:エデッカノモリ
【 呼称(漢字) 】:エデッカの森
【 地域 】:宮城県
【 著者・執筆者 】:佐々木徳夫
【 資料名 】:佐々木徳夫昔話記録①
【 概要 】:
あるところに「エデッカの森」と呼ばれる小さな森があり、そこに入ると生首がエデッカッカ、エデッカッカと啼きながらスイソーンと飛んできて、ボタッと足元に落ちるとキョロキョロと見回し、ガサガサと茂みに隠れるという。ある時、物好きで度胸のある男が飛んできた生首をすべて袋に詰めて、翌朝見るとすべて山鳥雉に変わっていた。


こぐろう一言:この手の擬音が随所に盛り込まれた話は、リアルな語り聞かせを感じてとても好きである。飛来生首を袋詰めにしたこの男、度胸ありどころではない気がする。



【 名前 】:佐藤
【 呼称(漢字) 】:さっくべババ
【 地域 】:宮城県遠田郡田尻町
【 著者・執筆者 】:田尻郷土研究会
【 資料名 】:(続)田尻のむかしばなし
【 概要 】:
夕方から夜の浅い頃にかけて、「さっくべババ」という普通の人の三十倍の見る力、聞く力、嗅ぐ力をもった老婆が山から下りてきて、町の中を風のような速さで駆け回り、親の言うことを聞かない子供をさらっていく。「さっくべババ」は透明で、また捕まった子供も透明になるので見つからない。さらわれた子供は囲炉裏の火にさっくべられて火傷の痕が一生残る。


こぐろう一言:常人の三十倍の視覚聴覚嗅覚!コワイ!だが、さらわれても帰ってくる、比較的優しい隠し神系統である。


スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。