スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蠱毒大佐の百怪蒐録・報告その7

  • 2014/06/28(土) 17:32:48

百怪蒐録の第七回報告。

今回の報告は、『五倍子雑筆』6号で報告された妖怪四種です。







【 名前 】:氷厘亭氷泉
【 呼称(カナ) 】:イッショウブクロ
【 呼称(漢字) 】:一升袋
【 地域 】:山口県大島郡西方村
【 著者・執筆者 】:(宮本常一)
【 資料名 】:澤田四郎作『五倍子雑筆』6号
【 概要 】:
道に一升袋の姿で落ちている。墓地や四辻にのみ現われ、人にひっつく。

こぐろう一言:釣瓶落としなどの“サガリ系”かと思いきや、おんぶお化けなどの“バリヨン系”のようでもあります。


【 お名前 】:氷厘亭氷泉
【 呼称(カナ) 】:ミヤホーホ
【 呼称(漢字) 】:(宮ホーホ)?
【 地域 】:山口県大島郡西方村
【 著者・執筆者 】:(宮本常一)
【 資料名 】:澤田四郎作『五倍子雑筆』6号
【 概要 】:
お宮から出る化け物、夕方出る。白い衣を着て、いつもニタニタ笑っている。

こぐろう一言:不気味。ホーホとは、笑い声なのか鳴き声(ふくろうなどの)なのか。


【 お名前 】:氷厘亭氷泉
【 呼称(カナ) 】:シダイダカ
【 呼称(漢字) 】:
【 地域 】:山口県大島郡西方村
【 著者・執筆者 】:(宮本常一)
【 資料名 】:澤田四郎作『五倍子雑筆』6号
【 概要 】:
これは見ているとだんだん大きく伸びて来る。見てはいけない。

こぐろう一言:これは山口県の各地で同じ呼び名で報告されている。“ミコシニュウドウ系”の一種だろう。


【 お名前 】:氷厘亭氷泉
【 呼称(カナ) 】:サイノカミノヨナベテツダイ
【 呼称(漢字) 】:塞の神の夜業手伝い
【 地域 】:大阪府泉北郡上神谷
【 著者・執筆者 】:(小谷方明)
【 資料名 】:澤田四郎作『五倍子雑筆』6号
【 概要 】:
夜機を織る音が聞こえると、あれはサイの神がよなべを手伝いせられている音だといわれている。又サイの神は藁を打つともいわれている。
(※氷泉按ずるに、静餅などの仲間か)

こぐろう一言:シズカモチやイタチノオカヅキなど、夜に作業の音をさせる妖怪は幾つかあります。音を聞くと運が良くなるとされる例が多いですナ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。