スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世田谷のボロ市

  • 2010/12/15(水) 23:06:42

今日は世田谷の伝統ある『ボロ市』に行ってきました。夜に。
講義が四限までありましたからね。結構悩みましたが、年始の土日に行っても絶対混んでるだろうな、ということで強行してきました。


初めてのボロ市でしたが、とても面白かったです。とにかく何でも売ってる。骨董品・食料品・民具・おもちゃなどなど。
安価な物から高価な品まで、まさに「無いものは無い」という感じ。
人もそれなりにいましたね。


で、今回買った物。
まず、天狗の置物(300円)。

天狗の置物

首がユラユラします。
続いてこちら、錫杖のお守り(200円)。

錫杖

仏具かよ!そうです仏具です。日光山中禅寺と彫ってありました。
この世には不思議な事など(ry
次は岩手県・南部鹿踊の置物(300円)

南部鹿踊

角や飾りが所々折れているのが残念。
お次は六瓢のお守り(200円)。

六飄

六つの瓢箪で六瓢、つまり無病に通じる縁起物で御座います。
そして最後にこちら。

大正浪漫?

大正浪漫・かき氷の硝子容器です。昭和製らしいですが。
何故突然こんなのを?と云いますと、実は『ぬらりひょんの孫』のワンシーンで、この器の付喪神が骨董市で売られていたのです。ええ、欲しくなりましたよ。
お値段2000円の所、交渉で1800円にしてもらいました。ありがとうございます。
他の店ではより上質の物が最低値段6000円で売ってました。流石に手が出せない。


ボロ市は明日16日、そして来年1月の15.16日にも開かれます。
来年も行こうかしら。
それでは。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。