スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪作品

  • 2010/10/13(水) 22:30:37

妖怪は、現代においては簡単に使えるキャラクターとして認知されている事が多い気がします。
そんな傾向は江戸時代辺りから始まっていますが…。
とにかく数が多いので、その内容もピンからキリまで。
その中でも、僕が最も好きな作品をジャンル別に挙げると…

・小説 『百鬼夜行シリーズ』(京極夏彦)
・漫画 『もっけ』(熊倉隆敏)『夏目友人帳』(緑川ゆき)
・アニメ 『モノノ怪』(ノイタミナ)
・ゲーム 『大神』(クローバースタジオ)

と云った所でしょうか。
もちろんこの他にも素晴らしい作品、妖怪愛を感じる作品はたくさんあります。
最近の物では『ぬらりひょんの孫』(椎橋寛)とかが中々にいい。
もちろん『ぬ~べ~』とか『うしおととら』なんかも好きですね。

鬼太郎?
ああ、あれは最早規格外、水木御大の作品はランキングする事すらおこがましいですからね。
それぞれの作品に関しては、後々語りたいので、その時はどうかお付き合いください。
「こんな作品もあるよ」とか「こいつを知らないなんて、にわか乙www」と云った情報を教えて下さると、泣いて喜びます。と云うか教えてください。
それでは。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。