スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スソヒキムジナとソデヒキムジナについて

  • 2013/09/11(水) 14:49:17

先日、国立国会図書館にて妖怪資料を漁っていた時に判明したことを少しばかり。

袖引き狢という妖怪が、茨城県つくば市の方面に伝わっています。
ウィキペディアの「袖引き小僧」の項目に、類例として袖引き狢の話が載っています。
最近ですと『妖狐×僕SS』という漫画にも登場したので、ご存知の方は意外と多いのではないかと思います。

しかし、これは実は「袖」引き狢ではなく「裾」引き狢だった、というのが今回の報告です。


まずは、村上健司氏の『妖怪事典』の「袖引き狢」の項目を見てみましょう。


『◎ソデヒキムジナ
 袖引き狢。茨城県筑波郡大穂町(現つくば市)でいう怪異。吉沼前原にある如意輪観音では安産夜明け祭という祭りが早朝から行われ、この祭りに行く途中、よく婦人が狢に裾を引かれたという。裾を引っぱられると夢の中の出来事のように感じられ、山中を引き回される。そのうちに賑やかな太鼓の音が聞こえだし、「帰ろう、帰ろう」とまるで太鼓が自分をよんでいるように聞こえる。ハッと気がつくと、目の前には府中観音大権現と大書された大旗があり、風にバタバタと鳴っていた、などという話が伝わる。これは年を経た雄の狢が、妊婦の発する匂いにつられて発情し、裾を引くのだといわれている。 『大穂町の昔ばなし』佐野春介』(原文ママ)


気になるのは、名前は「袖引き」なのに、やってることは「裾を引く」と記載されている点です。
では、原典とされている『大穂町の昔ばなし』はどうなのか。これを国会図書館で調べてきました。


裾引き狢

 吉沼前原の如意輪観音では、毎年二月十八日未明に、安産夜明け祭りという奇祭が行われる。村のご婦人たちが早朝、未明のころ、お詣りにくる。ここにくる途中昔はよく狢が出て、ご婦人たちの裾を引っぱるのだが、どこかの若い人たちのいたずらかと思っていた。

 ある年お祭りの朝、一人の婦人が赤松山の中の道を通ると、相変らず、あわせの裾を引っぱるものがある。また始めたなと思いながら、どうせ村の若い者のいたずらかと思って気にもとめず、引かれるままに赤松山にだんだん入って行った。ところが山道が自然に切れて篠深いところを、ガサッ、ガサッと踏みわけてどこまでもひっぱってゆく。夢の中のできごとのような気持でふわっとしたまま、引っぱられて行った。やがてきれいな芝原に出て、月の光が飴色に流れ、太鼓の音もきこえてくる。太鼓は盆踊りのような悠長な音で人のざわめく騒ぎも聞かれる。

 こんなはずはなかったと思いなおしても、帰ろう帰ろうと思えば思うほど、太鼓は自分を呼んでいるようで、その方に足が向いてしまう。裾はまるっきりみだれ、ふわふわしたものがからみついてはなれようとしない。これはなにかが私をばかにしている。

 目は血走って観音さまのお祭のことなどすっかり忘れ去っていた。ところが、よく見ると「府中観音大菩薩」と筆太に書かれた大旗が目の前にあるではないか。そののぼり旗が、ばたばたと風に鳴っている。その音にはっと思って自分にかえった、という話がある。

 この観音さまこそ安産の神様で、前夜各家から奉納されたかさね餅を、お詣りした人にくばって、その餅を三十個に切り、毎朝一個ずつ飯に炊きこみ、一ヶ月にわけてこれをいただくと、安産がかなうという。

 日の出前にお祭をするのは、府中(石岡)にあった観音さまだったが、新しく新築するのでそれを払下げ、村中の者が夜を通し持帰ったので、日の出前にお祭するようになったといわれている。裾引き狢は、妊婦の体から発散する匂いに、年老いた雄の狢が、たまたま発情して裾を引くのだということだ。

 昔はこんな話はさほどに珍しいものでもなかった。しかし、こうしたことはたびたびのことであった。この婦人はそれから、二、三日、多忙のさ中に寝こんでしまった。しかし、そのときのことは、どこでどうしたのかさっぱりわからないという。』
(原文ママ、改行の行間開けはブログ主の手による)


原典にはしっかりと「裾引き狢」と書かれています。また「帰ろう帰ろう」云々の話も『妖怪事典』の文章では少し違った形で記載されているのが分かります。
『妖怪事典』は原典ではなく、別の記載からの孫引きだったか、もしくは全く別の資料を参照したのかもしれません。また、「裾」が「袖」に変わったのは、単なる見間違いか、「袖引き小僧」や「袖モギ様」といった別の妖怪や信仰に引っ張られて、いつの間にかすり替わってしまったのかもしれません(かくいう自分も原典を最初に確認した時、先入観のせいか「裾」を「袖」と誤読してしまいました)。


その辺りの経緯は不明ですが、何にせよ、「袖引き狢」は「裾引き狢」だったということが、今回の調査で判明したので、この場で報告いたします。

ちなみに、裾引き狢は「瓶詰妖怪」にも登録しました。袖引き狢の名前では登録していませんので、ご了承ください。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。