スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/11/28

  • 2012/11/29(木) 01:05:36

※日記は基本的に深夜のテンションで書き散らしているので、気になるところなどありましたら率直にコメントいただけると嬉しいです。

○妖怪話の「甲」「乙」の話

 妖怪の伝承や民話にも、色々な種類がございまして、ちょっとここで、人を脅かしたり怖がらせたりするような「怖い話」と、笑わせたりする「笑い話」の、乱暴に引っ張り出した二つの種類を比較してみましょう。

 妖怪や化け物といったものの本質の本質、根本の根本には、やはり「恐怖」の感情があると思います。なので、牛鬼が人を襲うとか、山の神によって神隠しに合うとか、河童に尻子玉を抜かれて溺死するといった話は妖怪のかなり根源的な性質が強く出ているのでしょう。

 対して「笑い話」は別段怖くない、逆にちょっと間抜けで吹き出してしまうような話でして、こちらも案外多く伝わっている。恐怖を薄れさせることで精神の安定をはかろうとする意識が見え隠れします。「怖い話」が前段階にあり、それを元に伝えられる話であることが多いのでは、と思います。

 で、この二つの話の形態は、どちらが優れているとか劣っているとかいうものではないのですが、あえて言うならば「怖い話」は「甲」であり、「笑い話」は「乙」なのだろう、と思います。

 (筆者は現在「へうげ脳」になっておりますので、ご了承ください。)

 妖怪について本質的な伝承となっている「怖い話」は、それだけ優遇されます。研究対象になりやすく、また怪談的でもあるので人気もあるでしょう。そのせいもあって「笑い話」は「怖い話」に比べて下に見られやすい印象があります。

 ですが、どちらもその妖怪の一側面を記した伝承であり、扱うのならば同じレベルで扱うべきである、と自分は考えるのです。例えば、自分が「怖い話」が好きだからといって「笑い話」を本に記さない、というのは少々納得できないところです。話の収集、報告において私情を挟むというのはよろしくない。

 「甲」の優越さに気を取られすぎて、「乙」の面白さや重要性を顧みなくなるというのは、研究以前に一妖怪好きとして実にもったいないように感じます。

 「笑い話」はその名の通り笑えるのですから、「怖い話」と同様にその楽しさをも満喫できる、そんな「妖怪数寄」でありたいものです。

スポンサーサイト

2012/11/27

  • 2012/11/28(水) 03:05:01

○火蛇の話

 火車ならぬ「火蛇」という化け物が伝わっている、というのは以前に氷厘亭氷泉氏がTwitterで呟いていたのは見たのですが、それは豪徳寺らしい。
 しかし、世田谷には「火蛇」の話が伝わっている寺院がもう一つありました。

 それがこちらの勝光院
 こちらの寺宝は「火蛇の爪」というらしく、死体を奪おうとした化け物を住職が追い払い、その時に落としていった物とのこと。
 これは一般に公開されたりしているんでしょうかね?

※追記
 この話は、南方熊楠の『柳田國男書簡集』に記されているそうです。今度確認してこよう。

2012/11/26

  • 2012/11/27(火) 01:53:48

○「妖怪好き」キャラの話

 考えてみると、「妖怪好き」のキャラってそんなにいませんよね。
 いや、『ほうかご百物語』や『ぬらりひょんの孫』とかには登場しますが、それはあくまで「妖怪」を主題に置いた作品だからこそ登場でき、活躍できるのではないだろうか、と。
 妖怪を主題としていない作品、例えば普通の日常モノとかには、「妖怪が好き!妖怪について詳しい!」というキャラはそうそう登場しませんよね。
 なぜかと考えると、やはりキャラクターとして扱いにくいからなのかなあ、と思います。
 心霊モノが好き、オカルト系が好き、というキャラは活躍できるのに対し、こちらはどうも動かしにくい印象です。
 「妖怪好き」キャラは世にいう「妖怪モノ」の作品の中でこそ真価を発揮でき、逆にいえばそれ以外の場所ではそのキャラクター性を生かせないのが現状なのではないでしょうか。
 個人的には、アウェーな雰囲気の中で

「やっぱり『甲子夜話』は面白いよねー!」

とか、

「石燕で満足するようじゃあ、まだまだだな…」

などと言ってしまうキャラを全面的に応援したいのですが、これからそういった奴が現れるのかどうか。
 まあ、これは何も「妖怪好き」キャラに限った話ではないのでしょうがね。



○今日の捜査結果の話

 今日は『旅と伝説』の三巻を読んできました。
 蒐集した妖怪を瓶に詰めるのは、また後日。

2012/11/25

  • 2012/11/26(月) 01:15:59

部屋が汚い話
タイトルの通りです。
現在、自分の部屋は最低限の行動ができるスペースが空いているのみで、他は様々な物で埋め尽くされています。
大体が本や漫画だったりするのですが。
本棚も全て埋まっている状況なので、仕方なしにダンボール箱に詰めて積み上げてもいるのですが、それでも追いつかない。
というか、ダンボール箱に納めると、どこにどの本があったのかさっぱり区別がつかなくなってしまうのがネックでして、結果として引っ張り出した本を元に戻さず放置するという悪循環に。
さりとて、いらない本を処分しようにも、いらない本など殆どないわけでして。
どうしたものか…。
近いうちに大きな買い物をする予定なので、それまでに整理整頓をしなくてはいけないんですがねえ。

2012/11/24

  • 2012/11/25(日) 01:07:46

へうげものの話
本箱から引っ張り出した『へうげもの』文庫版を再読。
今まで読んだ戦国モノの中では、やはり随一の面白さだなあ、と感じました。
戦国の世の人々が、数寄の業の中で楽しんだり苦しんだりする様は、何やら妖怪好きの業とも似通っているようにも思えます。
文庫版はどうも八巻で打ち止めのようなので、以降は単行本を買わねばならないようですね。
しかし、懐がどうも寒い今は、中々手が出せない…。

「これよりは金子がものをいう世ぞ」
「己が数寄を極めんとするなら 金策が鍵になるとな」

という、第百八席の古織さんの言葉が突き刺さる…。
バイト、頑張りましょう。

2012/11/22

  • 2012/11/23(金) 03:05:22

根付の続報の話
海洋堂さんの妖怪根付、詳しい情報があったので報告をば。
シリーズのタイトルは『妖怪根付鬼太郎百鬼抄』とのこと。
鬼太郎などの水木しげる作品に登場する妖怪がテーマになっているようですな。
写真を見る限りでは、
鬼太郎・目玉おやじ・がしゃどくろ・百目・下がり?・川赤子?豆腐小僧?
といったラインナップに、シークレットもあるようです。
来年が楽しみですね。


ここから先は、このニュースに関する筆者の個人的見解・感想です。気分を害される方もいるかと思うので、閲覧はちょっと注意。














以前の情報で百目の姿が確認できた時点で、ある程度は予測していましたが、水木しげる・鬼太郎の妖怪がテーマになりましたね。
実をいうと、これがわかったとき、内心はちょっとガックシ、という感じでした。
もちろん、買わないわけではありませんが、全部揃えるまで買い続けるという気はなくなり、がしゃどくろや下がりが当たれば満足、鬼太郎や目玉おやじが当たったら、自分の中では「はずれ」かなあ、という感想を抱いてしまいました。

自分は、水木しげるさんの作品など素晴らしいものだと思いますし、『ゲゲゲの鬼太郎』も嫌いというわけではありません。
ですが、作品として特別愛着を持っているかというと、そうでもない。きちんと水木作品に触れたのは高校生の後半、妖怪が好きになりだしてからだったので、それ以前に愛好した記憶がないのです。

だからなのでしょうが、今回、海洋堂さんが再び妖怪根付を発売すると聞いたときは、一体どのような妖怪が作られるのか、と期待していたのですが、悪く言ってしまえば造形物としてありきたりな水木妖怪となってしまうのはちょっと残念。
どうせなら『桃山人夜話』や『稲生物怪録』のお化けを全て完全に立体化!とかやってほしかったんですよね。
まあ、世間的にも知名度があり、需要がある妖怪というと、どうしても水木妖怪になってしまうのは仕方ないのでしょうが。

発売したら買います。でも、コンプリートを無理に目指したりはしないだろうなあ、というちょっとした愚痴でした。

2012/11/21

  • 2012/11/22(木) 01:18:35

稲生物怪録の話
新しい「稲生物怪録」が横浜で見つかったそうな。
今回見つかったのは「稲生」ではなく「生稲」という魔王の小槌が登場しないタイプのものだとか。
写真には大入道の場面と思わしき部分が写っているけれども、自分は初めて見る絵柄で興味深いですな。
しかも箱には「渡辺如山」と記されているらしい。あの渡辺崋山の実の弟ですね。
色々と気になる発見、今後の調査を待ちましょう。

2012/11/20

  • 2012/11/21(水) 02:46:09

食玩の話
こちらのニュースがツイッターで流れてきたので、紹介。
海洋堂がかつて食玩として出していた動物フィギュアシリーズが来年復刻とのことですが、個人的に注目するべきはこのニュースの最後の方、根付のようになっている「百目」と「がしゃどくろ」らしきものが!
これは来年、期待してもいいんですよね?


萌え妖怪の話
『姫神ブレイド』というソーシャルゲームがあるのですが、その中でもお気に入りのカードがこの「妖火使いほたる」。
妖火使いほたる1
簡単にいうと、化け提灯娘ですね。
最大まで進化・成長させても最弱なカードですが、一番好きだったりします。
「弱い妖怪」というのがやっぱり好きなんだなあ、と思いました。

2012/11/19

  • 2012/11/20(火) 01:48:30

アプリの話
昨日少し話題にしたスマートフォンのアプリですが、いくつか導入してみました。
よく耳にする「アングリーバード」や「なめこ」をやってみましたが、なめこはハマりそうですね。
『あやかし陰陽録』や『あやかし百鬼夜行』なんてのもインストール。百鬼夜行の方は絵が素朴で自分好みですね。


昨日の写真

DSC_0002s.jpg

人参を…喰ってる…!

2012/11/17・18

  • 2012/11/19(月) 01:44:40

更新を一日忘れてしまったので、二日間の振り返り。

スマートフォンの話
携帯電話を、スマートフォンの『XPERIA AX』に変更しました。
初めての全面タッチパネルに四苦八苦しています。
ボタンがないというのは、どうも奇妙な感覚です。早く慣れたい。
アプリも幾つか試していますが、なにかオススメのものとかありますかね?


エヴァQの話
観てきました。ネタバレはしませんが、凄かった。
エヴァを映画館のスクリーンで観るのはこれが初めてだったのですが、やはり迫力が違いますよね。
『破』の時のような爽快感は無いものの、それなりの希望を感じる終わり方だったのがよかった。
続編は一体何年後になるんでしょうね。
あと、同時上映の『巨神兵東京に現る』は、とにかく映像に圧倒されました。
あれでほとんどのシーンが特撮による実写だというのだから驚愕です。鳥肌立ちっぱなしでした。


松妖会の話
ツイプラにて、「第二回 松妖会」の詳細を公開しました。
突然決まった開催ですが、よろしければご参加ください。
質問等あれば、ツイプラ上やブログなどでコメントをお願いします。

2012/11/16

  • 2012/11/17(土) 01:47:24

狸ネームの話
「狸の話を作る会」なるものがありまして。
以前紹介した『伊予の狸話』に触発されて、つい最近発足したらしい、この会、自分も会員になりました。
会員は一人一人が伊予の狸の名前=狸ネームを名乗ることとなっております。
そして自分の狸ネームは「蛭子戸の背高狸」になりました。
会に関しては、今後動きがあったらまた紹介しようと思います。


忍殺の話
「ドーモ、ソータンキツネ=サン、セータカタヌキです。」
「キツネみな殺すべし……慈悲は無い……お前も殺す、インガオホー」(やってみたかっただけ)
というわけで、『ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上#1』の書籍版を買いました。
Twitterで随分と話題になっているのは知っていましたが、実際に読むのはこれが初めて。
まだ中盤までですが、これに魅了される人が多いのがよくわかる。
ツッコミどころは多いのに、ちゃんとした読み物として十分に通用しているのが凄いなあ、と。
これは購読決定ですな。


松妖会の話
先月第一回を行った「松妖会」ですが、次回は来月の初め、12月1日を予定しています。
急な決定で申し訳ありません。予定を立てにくい状況だったものでして。
詳細はツイプラにて公開しますので、そちらをご覧になってください。
次回以降は知り合い以外でも参加自由になりますので、妖怪が少しでもお好きな方はお気軽にご参加ください。

2012/11/15

  • 2012/11/16(金) 01:55:52

ジョジョの話
『ジョジョの奇妙な冒険』は、まだ三部までしか読んでいません。
でも作品としては大好きなので、早く文庫版でも買って読みたいところです。
今は第一部のアニメがフィーバーしていて、第二部も声優陣が発表されたとか。
オールスターゲームもありますし、これから先、もっと色々なプロジェクトが起こりそうな予感。


式姫札戦の話
以前も紹介したブラウザゲームの式姫札戦、一旦白紙に戻して『式姫の庭』という名前で再出発するのだとか。
とすると、正式サービス開始まで、もうしばらくかかりそうですな。
気長に待ちましょう。

2012/11/14

  • 2012/11/15(木) 00:21:01

瓶詰妖怪の話
『西鶴諸国ばなし』から「紫女」と「麻姑」、『古今百物語評判』から「油盗人」と「垢ねぶり」、『新説百物語』から「火炎婆々」と「縄簾」と「ざつくわ」を、それぞれ瓶詰妖怪に登録。
「麻姑(原文は「魚摩」「魚古」という漢字)」は特に、個人的に思い入れのある妖怪です。
あれは大学受験の勉強時代、とある模試の古典の部分に選ばれていたのが、『西鶴諸国ばなし』の「楽の麻姑の手」だったのです。
模試そっちのけで全文じっくりと読んでしまったのを、今でも覚えております。その時は書名を忘れてしまったので、再び読めたのは大学に入って一年以上が経過した時。今回やっと登録できました。

『万世百物語』の「一眼一足」に関しては、比叡山延暦寺の伝説とかなり異なる記述になっているので、今のところは保留ということで。

あと、初期に登録していた『妖怪談義』が参考文献になっている妖怪は、近いうちにしっかりと一次資料を探して更新しようと思います。お待ちください。

2012/11/13

  • 2012/11/14(水) 00:58:42

スレンダーマンの話
最近ゲームになったりして注目されている、アメリカの都市伝説?の「スレンダーマン」。
これって、アメリカでは妖怪的なものなのか、幽霊的なものなのか、宇宙人的なものなのか、UMA的なものなのか。
どのような立ち位置にいるんでしょうね。
日本語の詳しい書籍はあるんでしょうか。
ちょっと最近気になるやつだったりします。


「百物語」の話
昨日借りた書籍を読み進めていますが、昔の「百物語」の名のつく本は、今読んでも十分面白いように感じます。
現代語訳して出版したら、それなりに人気が出るのではないでしょうか。
瓶詰妖怪に登録するのは、明日以降です。

2012/11/12

  • 2012/11/13(火) 00:43:12

借りてきた資料の話
図書館で瓶詰妖怪用に資料を借りてきました。
江戸時代の読み物が中心なので、その方面が幾つか増えると思います。
あと、初期に登録したものを修正したいなあ、とも思っています。
それも、近いうちに手を付けます。


まどかマギカ ザ・ディファレント・ストーリーの話
下巻が出ましたね。ネタバレは控えますが、アニメとは異なったバッドエンド(バッドループともいう)はかなり心にくるものが…。
カバー下は毎回笑えるので、そこが唯一の救いか。
まどマギファンなら読んで損はないでしょうな。というか非常にオススメです。


DVDの話
買うべきか、買わざるべきか。お金がない現状で合計二万の出費は痛い。
でも、もしもなくなったら、というのを考えると…。
近いうちに、結論を出しましょう。

2012/11/11

  • 2012/11/12(月) 01:42:34

シンポジウムの話
京都学園大学人間文化学部・歴史民俗学専攻主催のシンポジウム『妖怪文化の研究と教育』に行ってきました。
みなづき様や『夕闇通り探検隊』を主題とした妖怪文化研究の発表は、自分が考えていなかったアプローチもあり、とても面白かったです。
懇親会にも参加し、小松和彦先生を始めとする先生方などとお話をする機会も持てました。
また次回も引き続き参加したいです、ありがとうございました。

2012/11/10

  • 2012/11/11(日) 01:11:47

デザインフェスタの話
いってきました、デザインフェスタ一日目。
もう何回目の一般参加になるでしょうかね。変わらず盛況でありました。
式水さんのブースで「目かづら」をつけたりしました。
20121110162620.jpg
まあ金欠でしたので、あまり多くは買い物できませんでしたが、やはり色々な作品を見るだけでも楽しいものです。


シンポジウムの話
明日は、目白にて京都学園大学人間文化学部・歴史民俗学専攻によるシンポジウム『妖怪文化の研究と教育』に参加してきます。
小松和彦先生や堀田穣先生、佐々木高弘先生などの諸先生も参加される、妖怪のシンポジウムです。
これも何回目かの参加になりますが、いつも面白い話を聴くことができるので、非常に楽しみです。


諸々の計画の話
今日のデザフェス打ち上げ(二日目は参加できないので)で出てきた某企画、自分も一枚噛ませていただくことになりました。
まだ詳細はここでは発表しませんが、とても楽しそうな企画ですので、続報を待て、です。
まあまずは、『夜帷草子』の原稿を書き上げなくては…。

2012/11/9

  • 2012/11/10(土) 00:01:27

『伊予の狸話』の話。
玉井葵『伊予の狸話』を読み進めております。
著者の方は本当に狸が好きなんだなあ、というのがひしひしと伝わってくる名著です。
狸の名前や活躍地、記された資料の一覧なども充実しており、とても面白いです。
目次の「いっそ狸話を作ってみよう」で笑ってしまいました。


エヴァ新劇の話。
今日は金曜ロードショーでエヴァをやっていたのですね。
結局ラミエル戦、ヤシマ計画の所しか見られませんでしたが、やはりアツイですなあ。
来週は破と急の予告編?を放送とのことですが、来週は多分外出しているだろうなあ。
録画するか。


デザインフェスタの話。
明日は東京ビックサイトで開催される『デザインフェスタ』に行ってきます。
妖怪関係の出展の方もいらっしゃるので、楽しみです。

一日一回

  • 2012/11/08(木) 23:52:59

「継続は力なり」とは誰が言ったのか。
至極その通りだなあと思うので、ブログの更新を頑張りたいです。
ニコニコ生放送が停滞気味の自分がなにをいっているのやら
まあ一日一回、その日のツイートや調べたこと、思ったこと考えたことなどを文章のみでも残したいと思います。


瓶詰妖怪の話。
今日は「福鼠」、「海猩々」の二つを登録。
「赤人間」や「糸引き娘」などは出典元を読めなかったので、また今度です。
鼠の妖怪って、こんなやつもいたんですなあ。


式姫札戦の話。
昨日から明日まで、テストプレイができるようになったブラウザゲームの『式姫札戦』。
もう一つの『式姫草子』も少しやったのですが、イマイチやりにくくて投げていました。
でも、これなら続きそうです。式姫だけでなく妖怪のカードも入手できるのが大きい。青行燈が可愛いですね。
システム的にやりにくかったり、バグが発生することも多いですが、これらは今後改善されるだろうし、本番に期待ですな。


妖怪に付与される情報の話。
ちょっと真面目な話。妖怪というのは、進化するものです。
人の手や口を伝っていき、時代が変わるにつれて、妖怪には様々な情報が次々と付与されていきます。
その情報は、誤読や誤解からくるものだったり、子供向け図鑑や娯楽作品のための創作設定だったりと、種類もいろいろです。現在、妖怪として伝わっているものの多くは、多かれ少なかれ一次情報よりも何らかの変化が起こっているといってもいいくらいです(マニアックなやつは例外かもしれませんが)。
これまでの様々な文化の中で、妖怪は多様な情報を付与されてきました。中には現在に至るまで通説として語られる情報もあり、顧みられることなく消えていった情報もあります。多くの人に受け入れられた、書籍にたくさん載った情報は定着し、その妖怪と一体化して、傍目には見分けがつかなくなってしまいます。
それは、その妖怪が辿ってきた歴史の名残のようなもので、それを紐解いてみるのもまた面白い。

まあ妖怪の一番初めからして、何らかの脚色が加えられるのは当然なわけで、そう考えると妖怪というのは、剥けば剥くほど皮ばかり、最後まで剥くと何もなくなってしまう玉葱のような存在なんじゃないかなあ、と。
妖怪が玉葱なら、料理して美味しく頂くのはやっぱり皮にあたる部分でして、皮を剥くことにこだわり、妖怪の解明を進めすぎると食べる場所がなくなってしまいます。皮にあたる情報を上手に料理することが、妖怪を楽しむコツなんだろうなあと思いました。
だから、その妖怪が最初に記された原典を読もうというのはとても重要なわけですが、一方でごく最近与えられた情報を楽しむ気概を持つことも大切なわけです。
創作によって新たな皮=情報を与えるのもいいことだと思います。それによって、その妖怪はまた生き生きとしてくるのではないでしょうか。
皮を剥く、皮を捨てずに調べる、皮を上手に料理する、完成した料理を美味しく食べる、これらが妖怪を楽しむ方法なのでしょうな。

皮=情報の解明は、インターネットなどによって情報の共有化が進んだこともあり、ここ最近色々な発見があるように感じます。消えていた情報が再発見されたり、通説とされていた情報が覆ったり。
手前味噌ではありますが、自分も多々良入道やムラサ、夜雀の解明に一役買っています。
しかし、情報を解明・分類することに快楽を感じる変人ではあるものの、「ここが本当はこうだったんだから、こういう設定はおかしい!」といったような押し付けがましい主張をする気は全くないわけでして。
学術上はこういった分類はしっかりなされなければならないのですが、娯楽や創作活動においては単に「そうなのかー」程度の認識で十分だと思います。
情報を与えられて進化した妖怪だからといって軽視するのはちょっとおかしいわけです。玉葱の皮に優劣はなく、皮の一枚一枚が『現在の』妖怪を構成しているのです。娯楽においては、同列に扱ってもさして問題はないのだと思います。
そういった皮の解明が新たな皮を作る、料理を作るといった方面につながることで、結果的に妖怪が後世まで残るのだと思います。

まあ、学術上でこれらの皮を一緒くたにしてしまうのは非常に問題なわけですが。あの本とかあの本とか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。