スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夜雀と夜盲症」について

  • 2012/10/26(金) 01:04:39

こんにちは、今回は夜雀、特に「夜雀と夜盲症」の関係について。

事の始まりはこちらの「夜雀と鳥目(夜盲症)」というツイートまとめを参照下さい。


ふいに浮かび上がった「夜雀と夜盲症についての記述って、何が出処なんだ?」という疑問。

今や現代妖怪界においては有名(?)になった夜雀の重要な要素は、実は出典が不明瞭なままでした。

今回はその捜索の顛末について、ここに記録しようと思います。


まず、「夜雀と夜盲症」についてで、まずわかっていたのは水木しげる先生の記述。
今回参考にするのは『図説 日本妖怪大全』(水木しげる 講談社)。
ここの夜雀の記述は、箇条書きに要約すると、


①和歌山県に伝わる「雀送り」という怪について
②高知県の「夜雀」という怪について(対策としての「となえことば」つき)
③夜雀を捕まえると夜盲症になる
④山口県では家に雀が入ると吉兆である
⑤静岡県では、雀は故人生まれ変わりだとされた
⑥長崎県壱岐では、雀の巣を取ることを戒められていた
⑦藤原実方の亡魂が化した「ニュウナイスズメ」について
⑧中国では、雀は九月に大海に入って大蛤になるとされた


という構成です。
本来の夜雀の民俗学報告では、夜盲症に関する記述はありませんでした。
なので、この③の記述が、恐らく夜雀と夜盲症に関する最初のものだろう、ということは既にわかっていました。

では、水木先生は何を元に③の記述を行ったのか? 何か別の資料を参考にしたのか、はたまた先生の創作か。

ツイッターではこの後、様々な推測がなされたのですが、そこで一冊の本が浮上してきました。
それが、鈴木棠三『日本俗信辞典』です。
これの雀の項目はまだ調べていない。そう聞いた自分が、大学の図書館で調査してきた次第です。



結果として判明したのは、
「水木先生の「夜雀」の文書は、『日本俗信辞典』の「雀」の項目をほぼ完全に参考にしているだろう」
ということでした。
『日本俗信辞典』の「雀」の項目は、上で記した①~⑧の記述を全て網羅し、かつ書き方もほぼ一致したので、水木先生がこの本を参考にしたのは確実と思われます。


では、肝心の「夜雀と夜盲症」についてはどうなっているのか。


<前略>また、スズメをとると夜盲症になる(大分)、スズメの巣をとると火難がある(広島)、ともいう。
特に夜は忌まれ、夕方スズメを殺すと夜盲症になる(愛知)、夜スズメを捕れば夜盲症になる(福島・新潟・長野・愛知・和歌山・広島・山口)、<後略><原文ママ>
『日本俗信辞典』p321より


このように記されていました。
また、同書のp323には、


<前略>高知でも、夜道を行く時にその前後をチッチチッと鳴きながらついてくる夜スズメの怪があり、<後略>


とも記されていました。

これにより、水木先生は
夜に雀を捕まえると夜盲症になる
という俗信を、
夜雀(という妖怪)を捕まえると夜盲症になる
という夜雀の性質と誤読してしまったのだろう、という推測ができます。
『日本俗信辞典』の中で「夜スズメの怪」と紛らわしい紹介をしてしまったのも、誤読の原因と考えられます。


また、推測の中にあった「燕に関する俗信と取り間違えた?」というものを見るために「燕」の項目も調べてみましたが、雀と燕の俗信、特に戒めに関する俗信は似通った物が多いようです。
例:燕をとると目が潰れる、燕の巣をとると火事になる



というわけで、夜雀の重要な構成要素だった「夜盲症にする、鳥目にする」という認識は、俗信の誤読から始まった、という結論をとりあえず出しておきます。
『日本俗信辞典』で紹介されていた俗信の数々は、地域名は記されていたものの参考文献が紹介されていなかったため、個々の確認は中々難しそうです。

これもまた、妖怪の妙ですなあ。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

夜雀

そうだったんですね!
私も気になっていたので、すっきりしました。

大分の人間ですが、スズメにそんな俗信があったとは。

夜雀が大量に飛んできて進むに進めなくなる、という話から、ヌリカベに連想。大分ではよくヌリカベは目隠しするという話が採取されているので、見えなくなることと前に進めなくなるは同じ意味として変化したのかなあと考えていました。

『日本俗信辞典』私もよく読んでみようと思います。

  • 投稿者: 闇の中のジェイ
  • 2012/12/14(金) 03:06:06
  • [編集]

追記

再び失礼致します。

今日、『日本俗信辞典』を読んできました(さすがに項目が多く、全部は確認できませんでしたが)。

一応、今、大分県内の妖怪を調べ集めていますが、見逃しているのか、初見の俗信が多く、コツコツとチェックしていく必要があるなと感じました。

夜雀関連で私が今回、初めて知って印象付いたのは、蛾の項目にある
「夜雀(ガの一種という)が鳴くと人が死ぬ(高知県幡多郡)。」p122より
でしょうか。

「白い蝶」といい、この項目の「夜雀」といい、高知県の蝶や蛾は物騒だな、と感じました。

  • 投稿者: 闇の中のジェイ
  • 2012/12/21(金) 00:06:19
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。